初心者の始めるバラの生育|正しい生育方法について

花

地植えの注意点

植物

ガーデニングでバラを生育する際には、主に鉢植えか地植えといった植え付け方法を取ることができます。鉢植えは文字通り鉢に植え付けを行なうもので、コンパクトなスペースでの生育に適した品種の植え付けに用いられます。それに対して地植えというのは、直接地面に植え付けを行なう方法です。ここでは、地植えを行なう際のポイントについて知っていきましょう。ガーデニング初心者がバラの生育を行なう場合には、地植えによる生育がお勧めです。
ガーデニング初心者の中には、地植えというのもが土を掘って買ってきた苗を掘った穴に植え込むといった方法であると考えている人が少なからずいるでしょう。その考えは間違っており、そういった方法を取った場合にはバラの生育に失敗してしまう可能性があります。地植えというのは、適切な土づくりを行った上で苗の植え込みを行なう必要のあるもので、この土づくりは植物の生育において重要なポイントとされています。バラに適した土づくりを行なう際には、植え付けを行なう2週間から4週間前にその作業を開始しましょう。土づくりというのは、堆肥や肥料、必要であれば軽石などを掘り返した土に混ぜ込むといった作業です。堆肥や肥料を混ぜ込むと、土中にガスが発生します。そのガスはバラの根に負荷を掛けてしまうもののため、土づくりを行った直後に植え付けを行なうというのは最適とは言えません。そのため、2週間から4週間の期間を空けることで土の状態を整え、苗の植え付けを行なう必要があるのです。