初心者の始めるバラの生育|正しい生育方法について

花

バラの水やり

園芸

バラの生育において、ガーデニング初心者が行ってしまう失敗として水やりが挙げられます。バラの水やりというのは癖のあるもので、加減を間違えてしまうと根腐れの原因となってしまうのです。バラというのは水はけが良く柔らかい土を好むため、多量の水というのは生育に悪影響を与えてしまいます。また、水やりというのはその植え付け方法によって異なってくるのです。
バラの植え付け方法の主なものとして、地植えと鉢植えの二つが挙げられます。その二つの内、地植えの場合の水やりについて知っていきましょう。地植えにおける水やりというのは、雨の降らない日が長く続かない限りは必要ないと言われています。つまり、基本的に水やりの手間が掛からない植え付け方法である、ということなのです。ガーデニング初心者の中には、そういった知識がないために水を与えてしまう人が少なからずいるでしょう。多くの場合、地植えのバラに水を与えてしまうと根腐れや枝の軟弱化の原因となってしまいます。鉢植えによる植え付けであれば、年間を通して水やりが必要です。その水やりにはタイミングがあり、それを把握しておく必要があります。鉢植えのバラに水を与えるタイミングというのは、鉢土の表面が乾いたタイミングです。そのタイミングで水を与える際には注意が必要で、鉢土の表面が見た目的には乾いていても、そのすぐ下はまだ湿っている状態といったことが多々あります。表面下の土が湿っている状態で水を与えると、それも根腐れの原因となるのです。しっかりと指で鉢土を触って、乾いているかどうかを確認しましょう。