初心者の始めるバラの生育|正しい生育方法について

女性

品種による違い

ガーデニング

バラというのは、品種によってその香や花弁の色、花形大きく異なります。自身の好みに合った品種のバラを選ぶのも良いですが、そのバラを植え付ける環境に適した品種を選択することも重要なポイントです。

詳しくはコチラ

バラの苗について

植物

バラというのは、芳香や花弁の色、花形等が品種によって異なり、バリエーションに富んだ花です。そのため、ガーデニング用の花としても人気となっています。しかし、ガーデニング初心者からすると、バラというのはどことなく敷居の高い花のように感じるかもしれません。実際、バラの生育には癖がありますが、正しい生育方法について知ることでガーデニング初心者であっても春には綺麗なバラを咲かせることが可能です。
ガーデニング初心者がバラの生育を始め場合、苗の状態から生育を行なうことが可能です。バラの苗には新苗、大苗、長尺苗、開花苗といった四つの苗が存在し、それぞれに生育の段階が異なります。新苗は4月中旬から5月中旬に流通する若い苗で、他の苗に比べて値段が安価です。ガーデニング初心者から見ると、新苗は魅力的なものに見えるはずです。しかし、新苗というのはまだまだ弱い状態の生育段階のため、ガーデニング初心者には難易度の高い苗だと言われています。ガーデニング初心者の生育に適したバラの苗というのは、大苗です。大苗は春から秋まで畑で育てられた状態の苗で、大きく育っています。大苗が販売される時期は10月から2月のため、葉の付いていない枯れ枝のような状態で販売されます。その状態では少々魅力に欠けますが、十分に成長した苗ですので初心者であっても比較的簡単にバラの花を咲かせることができるでしょう。長尺苗はつるバラの苗で、つる性または半つる性のバラの枝を1m以上伸ばした状態で販売されています。開花苗については、その名称の通り開花した状態で販売されている苗で、4月半ばから5月が流通時期とされています。

地植えの注意点

植物

地植えによるバラの植え付けを行なう際には、土づくりが重要なポイントになります。また、土づくりを行った後には、土を落ち着かせる期間として二週間から四週間空ける必要があるのです。

詳しくはコチラ

バラの水やり

園芸

植物によって水やりの水量やタイミングというのは異なり、バラについてもそれは同じです。バラの場合、地植えか鉢植えかによって水やりの方法が異なります。地植えでは基本的に水やりの必要がなく、鉢植えでは年間を通して水やりが必要になるのです。

詳しくはコチラ